手軽にコーヒーが飲めるネスカフェのバリスタ。あなたも愛用されているかと思います。そんなバリスタですが、毎日使っていると・・・あれ?下から水が漏れている!ということも。

え?故障?買い替え?どうしたらいいの?

というあなたに、バリスタの水漏れの修理や対処方法をご紹介します。

ご存知ですか?wifiに繋げる最新バリスタWを!

毎日バリスタでコーヒーを1杯は飲むというあなたにお得なお話!
⇒最新バリスタWが無料でレンタル!【ネスレ日本公式】
⇒なぜ無料?コーヒー定期便について解説します

バリスタの水漏れの原因と修理方法

長年バリスタを使っていると部品が劣化して水漏れを起こすことがあります。またそれほど使っていないのに水が漏れるなど初期不良のものもあるみたいです。

バリスタの水漏れで考えられる原因は2つあります。

  • 給水タンクと本体を繋ぐパッキンの劣化
  • バリスタ内部ホースの劣化

バリスタの給水タンク下のパッキンが原因の水漏れの治し方

バリスタ本体と給水タンクの接続部分に小さなゴムのパッキンがあります。お水を入れたままバリスタを動かしたり持ち運んだりしたときに、パッキンがゆがんで水が漏れる場合があります。

給水タンクを一度外してしっかり付け直してみるなど、うまくはまっているかどうか確認してみてください。

それでもバリスタから水が漏れる場合はパッキンの劣化、もしくは接続部分がなにかしら壊れている可能性があります。

水を入れるたびにバリスタの給水タンクを抜き差ししているとパッキンがすり減ってきますので、交換すればバリスタの水漏れは治ります。

バリスタに合うパッキンはSANEI  パイプパッキンセットPP432-1S-16です。ホームセンターにも売っているようですがお店によっては置いていないところもあるようです。

ちなみにアマゾンプライム会員なら、送料込みでここが最安値だと思います。

パッキンを買ってきて交換する時の注意点ですが、バリスタについてあるもとのパッキンと比べると少しサイズが大きいので、交換したあとしばらくは給水タンクがはめにくくなります。

バリスタの内部ホースが原因の水漏れの治し方

パッキンが原因の水漏れは誰でも簡単に修理できますが、めんどうなのがバリスタ本体の中にあるホースが壊れてしまっている場合です。バリスタを分解して水漏れしているホース部分を防水テープなどで巻いて治さないといけません。

ですが、かなりの手間と時間がかかるので、細かい作業が得意な人はできると思いますが苦手な人はやめておいたほうが無難かもしれません。

バリスタの水漏れが治らないときや故障して動かないときの保証期間や修理について

もし、バリスタの給水タンクのパッキンを交換しても水漏れが治らない、内部のホースから水漏れしている場合、または電源が入らない、動かないなどの状態のとき、メーカー保証期間内(購入から1年、ネスレ公式サイトからのマシン登録で2年)で保証書や購入したレシートがあるなら、ネスレサポートセンターへ電話をすると無料で修理をしてもらえると思います。

もし保証書がなくてもバリスタの本体裏にシリアル番号とロット番号があるのでその番号を伝えれば大丈夫です。

ですが、保証期間を過ぎている場合は有料での修理になってしまいます。調べてみると状態関係なく一律7350円かかるという口コミがありました。

それなら新しいバリスタ本体を買い換えた方がよさそうですし、無料修理にしても梱包して発送する手間がかかりますし、修理している期間(2週間ほどかかるそうです)はバリスタでコーヒーを飲むことができません。

モデルも新しくなりますしシンプル版のバリスタならかなりお安いですから。

ネスレ通販 バリスタ アイ

⇒最新バリスタWを無料レンタル!お得な定期便しか勝たん