ドルチェグストのコスパはどうなのか?1杯あたりいくらなのか?毎日飲むコーヒーだからこそ気になるところです。

結論から言うと、レギュラーコーヒーなら1杯約55円~です。

これを高い!と思うか、安い!と思うかは人それぞれですが、これからの記事を読んでもらうおそらく安いじゃないと思ってもらえるんじゃないかと思います。

ドルチェグストで淹れるコーヒーのコスパ

ドルチェグストで淹れるコーヒーのコスパですが、専用カプセルは1箱が16個入りまたは8個入りです。コーヒータイプは1杯に1個を使用し、ラテタイプは1杯にミルクとエスプレッソというようにカプセルを2個使用します。

では、レギュラーコーヒーリッチブレンドでコスパを計算してみましょう。

カプセルの価格は購入するお店によって少し違いますが、定価980円(税込み)で計算すると980円÷16杯なので1杯あたり約65円になります。

ネスカフェのコーヒー定期便10%オフで購入したとすると882円÷16杯なので1杯あたり約55円になります。しかもコーヒー定期便ならドルチェグスト本体は無料レンタルできるのでマシン代も浮いてきます。

コーヒー1杯あたり約55円

これだけ聞くと家でコーヒー粉からドリップしたほうが安いと思う人もいらっしゃるでしょう。

ドリップコーヒー1杯分に使うコーヒー粉の量はだいたい10gなので、たとえばAGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒーなら320g入りのパッケージで32杯淹れられます。アマゾンなら486円なので486円÷32杯だと1杯あたり約15円になります。ペーパーフィルター代1枚2円を入れても約17円という感じです。

しかし、コスパというものはコーヒーを淹れる手間や準備や後片付けなどの時間も考える必要がありますよね。

ドリップ式のコーヒーメーカーなら洗う手間がありますが、ドルチェグストはカプセルをセットしてボタンを押すだけです。淹れ終わったらカプセルを取り出してポイっと捨てるだけ。

それを考えるとドルチェグストはぜんぜん高くないと私は思います。

では、1杯100円のコンビニコーヒーと比べるとどうでしょう。ドルチェグストはコンビニコーヒーとほぼ同じような美味しさです。出先で買えるというメリットはありますが約半額で飲めるドルチェグストのコスパは良いと思います。

さらに1杯300円程度のスタバやタリーズなどのカフェと比べてみましょう。場所代も入っていますしカフェで提供されるコーヒーの方が番美味しいのは言うまでもありませんが、300円と55円を比較するとコスパ的には安いと思いますよ。

1杯約55円のメニュー(10%off時)

・オリジナルブレンド ・モカブレンド ・リッチブレンド ・カフェオレ ・カフェオレ カフェインレス ・レギュラーブレンド ・ローストブレンド ・エスプレッソ ・エスプレッソインテンソ ・アイスコーヒーブレンド ・レギュラーブレンドカフェインレス ・宇治抹茶

1杯約104円のメニュー(10%off時)

・カプチーノ ・ラテ ・マキアート

1杯約110円のメニュー(10%off時)

・アイスカプチーノ ・チョコチーノ ・ティーラテ ・宇治抹茶ラテ ・ソイラテ